人形劇団京芸を応援してくださる皆様へ

日頃は劇団の活動に温かいご理解ご支援を頂き、誠にありがとうございます。この度劇団では、創立65周年事業の一環として、劇団施設の修繕改装事業に取り組むことに致しました。

京都市内からここ宇治市白川鍋倉山へと、稽古場を新規建設して劇団拠点を移してから、早40年が経ちました。劇団施設は老朽化し、創造活動に支障をきたす程になってきています。劇団の歴史的財産である大切な人形達を保管する人形展示室の状態も劣悪と言わざるを得ません。折に触れ、劇団を訪ねて下さるお客様にご満足いただける芸術的環境とは言い難い状態で、大規模な修繕改装が急務となりました。

私どもはこれからも劇団綱領の精神のもと、素晴らしい人形劇作品を創り、公演活動を続けていく覚悟です。どうか、未来の作品創造の場である劇団施設維持のために、是非皆さまのお力をお貸し下さいませ。

なお、寄付金の受付状況・事業の進捗状況などは下記のリンクからご覧いただけます。
⇒修繕・改装事業のご報告(改装事業トップ)

お近くの郵便局から

郵便局に備え付けの払込取扱票(赤色の加入者負担用紙)にて、お振込みください。ご連絡いただければ、払込取扱票を郵送させていただくこともできます。

振り込み料金は劇団が負担いたします。

口座番号
01030-8-35773
加入者名
有限会社人形劇団京芸

お手数ですが通信欄にお名前・ご住所・電話番号をご記入くださいませ。
一口2,000円より。二口以上のご寄付を歓迎いたします。
お振込の際発行される「控え」をもって領収書に代えさせて頂きます。別途領収書をご希望の場合はご連絡下さい。

劇団施設修繕改装計画の概要

このたび劇団では、『ようこそ山の人形劇場へ~創造空間の充実を目指して~』をテーマに、修繕改装の計画を立てました。概要は以下の通りです。

1.稽古場の改修

稽古場を全面改修します。細かく分断されているスペースを統合してより広い空間を確保します。安全・安心のため床板も全面張り替えます。稽古に専念できる「創造空間」としての稽古場、アトリエ公演を快適に開催できる「劇場空間」としての稽古場を、より充実させます。

2.人形展示室の改修

歴史的財産である人形達を大切に保管し、お客様が快適に見学できるよう、展示室を改修します。

3.玄関の改装

玄関を広く、明るく改装します。アトリエ公演や劇団見学で訪ねて下さるお客様をお迎えする、すてきなディスプレイもできるようになります。

他にも、トイレの増設・冷暖房の充実など、様々な修繕改装を進めてまいります。そして、そこで創られた作品を、心をこめて、全国の皆様へお届けいたします。

ご賛同人・ご賛同団体

本事業は多くの方々・団体にご賛同いただいております。
心より感謝いたします。

私たちは、人形劇団京芸劇団施設修繕改装事業に賛同し応援します。

五十音順 敬称略