ごあいさつ

私たちの劇団は、歴史と伝統・芸術・文化の街=京都で生まれ、京都を活動の拠点として、日本全国で上演する《人形劇公演》を大きな柱として活動をしています。

人形を通して演じる舞台=人形劇はフィクションです。現実とは少し違います。けれど、だからこそ見える《真実》があり、人形には人の心を開く力があります。私たちは、暖かな人間性が感じられる作品を大切に創り、子どもにも大人にも喜んでいただけるように努めています。

そうした人形劇の公演活動を行なうと共に、人形劇を演じる=自ら表現する楽しさを知って頂くための講習やワークショップも積極的に行なっています。

その他、映画製作やテレビ出演、人形製作や他劇団への客演・スタッフとしての参加など、その時々の要請に応じて舞台表現に関する様々な活動をしてきました。

これらの活動は認められ、数々の賞を頂く栄誉を賜りました。また、種々の助成を受け、多くの方々に人形劇を楽しんで頂く機会も得ました。皆様のご支援と励まし・ご協力でこれらの活動を続けてこられた事を感謝いたします。

劇団創立から数十年が過ぎ、私たちを取り巻く社会は大きく変化しています。そして、2001年には芸術文化振興基本法が制定されたように、心を育む私たちのような活動がなおいっそう必要とされています。

私たちは、これからも良質で心に響く舞台を作り、人が信じ合える、明るい未来のために活動を続けていきます。

劇団のご紹介

劇団概要

劇団代表 / 谷ひろし
創立 / 1949年10月
法人代表 / 清水正年
有限会社 人形劇団京芸設立 / 1967年

〒611-0022
京都府宇治市白川鍋倉山 35-20
@ningyou_kyougei

劇団員

構成人数:24人
(2017年5月24日現在)

 
功労劇団員 谷ひろし
辰巳鈴太郎
劇団員 竹内恵子
小島祥子
清水正年
本田真輔
小林洋介
久世愛里
山本いずみ
坂下智宏
長谷川友香
服部喜美
菅沼輝之
白米美帆
石川幹洋
小谷恵梨香
準劇団員
(入団4年未満)
中川生己
藤田博子
伊藤真
西尾直樹
荘司麻子
嘱託劇団員 田山桂子
嘱託 辻角知恵子
松本清和

劇団のあゆみ

人形劇団京芸の60年を越える活動のあゆみをご紹介します。

1949.10
劇団京都芸術劇場創立
1950
「京芸子どもの劇場」学校公演開始
1960
「劇団京芸」「人形劇団京芸」に分立
15周年記念公演『土ぐも』
1965
劇団後援会発足
1966
京芸村の共同生活始まる
1967
第1回お正月公演『サーカスの象花子ちゃんの物語』(再演)
法人格取得 有限会社人形劇団京芸
1967
京都府移動文化芸術劇場 人形バス発車
1972
新稽古場完成(宇治市白川)第1期付属研究所開所
1974
25周年記念公演『森は生きている』=劇団京芸との合同公演
1984
35周年記念公演『夢-夏の夜の、人形の』
1989
40周年記念公演『空からおちてきたドラゴン』
1989
40周年記念「さんにんの会」『上方葬礼屋泥棒顛末記』他
1994
45周年記念公演『モモ』
2009
創立60周年記念合同公演『ウィッシュリスト』十三夜会賞受賞
2014
創立65周年記念公演『もしもし、こちらオオカミ』

活動紹介

多岐にわたる私たちの活動をご紹介します。

幼稚園・保育園公演
主に近畿圏の幼稚園・保育園の行事の一環として、身近に人形劇と触れ合える楽しい公演を行なっています。
小学校公演
主に近畿圏の小学校で、鑑賞教室・総合学習の場での上演・ワークショップを行なっています。
おやこ劇場公演
日本全国のおやこ・こども劇場で、上演を行なっています。
劇団主催公演
毎年恒例のお正月公演をはじめ、劇団主催の公演を京都・大阪で行なっています。
地域のイベント
地蔵盆や夏祭りといったイベントでの催し物のひとつとして、人形劇公演を提案・実施しています。
ホール主催公演
各地のホールや自治体・図書館などが主催する人形劇公演の依頼を承っております。
フェスティバル公演
日本各地で行なわれる人形劇フェスティバル・見本市などに積極的に参加しています。
ワークショップ
人形劇の製作に関する単体講座・連続講座の企画の提案や、講師派遣を行なっています。
物品販売
人形の製作に必要な材料やキット・書籍の提供を行なっています。

主な受賞歴

いただいた様々な賞をご紹介いたします。

1974年 合同公演『森は生きている』
京都新聞文化賞受賞
1875年 人形劇『猫は生きている』
東京都児童演劇優秀賞・都民劇場優秀賞受賞
1975年 映画『猫は生きている』
京都市民映画祭特別賞受賞
1979年 『うそつきテンボをしってるかい?』
中央児童福祉審議会特別推薦
1992年 『パペット・ボンボンショー』
キッズ&アーツ賞受賞
1992年 谷ひろし
京都市芸術功労賞受賞
1997年 『モモ』
文化庁芸術祭優秀賞受賞
2003年 『魔女のたまご』
優秀人形劇顕彰制度 日本人形劇大賞金賞受賞
2005年 『ちいさくなったパパ』
優秀人形劇顕彰制度 日本人形劇大賞金賞・おもしろ人形劇大賞受賞
2006年 人形劇団京芸
「ヒューマンかざぐるま賞(財団法人京都オムロン地域協力基金)」受賞
2007年 『潜水海賊キャプテン・グック』
優秀人形劇顕彰制度 日本人形劇大賞銀賞受賞
2010年 劇団京芸&人形劇団京芸60周年合同記念公演『ウィッシュリスト』
十三夜会賞受賞